●ご挨拶
 日頃は大変お世話になっております。
 突然のご報告で誠に申し訳ございませんが、4月におこなわれる守口市議会議員選挙に出馬しないことを決めました。誰かに出馬しないよう伝えられたものでもなく、私個人で判断をさせて頂きました。
 2期8年間、多くの御支援・御協力を頂き、感謝しております。私のこの我が儘な想いに対して、裏切られたと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、頂いた御恩を忘れず、また、頂いたこれまでの貴重な経験を活かしながら、これからも様々な活動をおこない、今よりもより力をつけて、来るべき時が来るとするならば、その時に備えようと考えておりますので、是非とも御期待ください。
 どうか、私の想いに御理解を頂きたいと思います。8年間、本当に有難うございました。

●悔しさ
 嘘を書いても私の想いは伝わらないので、批判を恐れず、正直に書きます。
 4年前の選挙で、当選をさせて頂いたものの、嬉しい気持ちや喜びの感情を抱くことはできませんでした。1期目の選挙の票数は2,488票でしたが、前回の選挙では1,881票と約600票を減らしてしまいました。当然、私の力不足であり、全て私の責任ではありますが、「1期目の4年間、私は何をやってきたんだ・・・」「バカみたいに真面目に取り組んできたのに何故なんだ・・・」「市民の方々は本当に4年間見てくれていたのか・・・」と悔しい気持ちで溢れました。また同時に、選挙中一緒に応援をして頂いた方々、私の名前を書いて票を入れて頂いた方々に本当に申し訳ない気持ちにもなりました。「2期目は票が減るもの」とよく言われますが、それでも悔しい気持ちだけが残ってしまいました。私の仲間もそうでした。本物の政治家としての活動をしていた仲間、政治家として尊敬をしていた仲間が次々と票数を減らし、また最悪の場合には落選してしまいました。
 ご期待を裏切るようで、また、大変失礼な言葉を使って申し訳ないと思いますが、「これ以上やっても無駄だ。もう次の選挙は辞めよう」「当選するためには、冠婚葬祭やお祭りにたくさん参加したほうが良いのか」「票のためには、きれい事だけを言っておけば良いのか」と悩んだ日もあり、「ただ、私を応援してくださった方々がいるからには全力で頑張ろう」という気持ちでそれらの悩みを打ち消す日々が続いていました。

●政治力の必要性と教育を変える難しさ
 私は、これまでの8年間、議会の視察だけでなく、またインターネットで調べるだけの学びではなく、実際に多くの市町村を訪れ、様々な政策を肌で感じながら学んできました。しかしながら、市民から選ばれた考えや方向性がバラバラの定数22名の守口市議会議員の内、たった1名が政策を提言したとしても、「それは竹内の考え方」で終わってしまうことが何度もあり、「どうすれば上手くいくのか」と頭を抱える日々が続いていました。
 8年間の経験で偉そうなことは言えませんが、如何にまわりの議員を巻き込み、職員の方々にも理解して頂けるような力、すなわち、「政治力」の必要性を痛感させられました。もしかしたら、生きていく上で必要な能力かもしれません。ですが、私はあまりの経験不足から、自分の意見が正しいと意地を張り、共感して頂く大切さを忘れていました。
 私が政治家を志した理由は「教育をさらに良くしたい」という想いからでした。だからこそ、より自分の無力さを感じたかもしれません。教育行政は、学校の統廃合、教室のクーラー設置、運動場の芝生化など、「環境を整えること」については、議員としても積極的に意見を出し、明確に賛否をつけるができます。しかしながら、「学力向上」に向けた政策、つまり環境をハード面とするのであればソフト面を実現させるには、とても難しい壁がありました。市議会議員という立場で学力向上について、あらゆる政策を提案したとしても、教育行政職員の方々に理解をして頂くことは、本当に難しいことなのです。
 8年間、学力向上について何もできなかった者が何も力をつけずに出馬しても、きれい事を言っているだけで全く意味がありません。

●経験と宝
 この8年間、皆様のおかげを持ちまして、素晴らしい経験をさせて頂きました。悔しさ、悩みを感じた日々、そして、自分の力不足にも気付かされたことも、自身の成長の中では必要なことであり、何も気付かなければ、ただの「地位と名誉だけが欲しい議員」になっていたかもしれません。
 特に、西端市政のもとで仕事をさせて頂いたことは素晴らしい経験でした。公共施設の見直し、学校の統廃合、新庁舎への移転、幼児教育・保育の無償化、大枝公園の整備など、語りきれない程の数々の政策を実行してきた守口市ですが、その変化の時代に議員として活動できたことは本当に良い経験となりました。また西端市長の器の大きさ、まわりを巻き込む力など、政策の実行力だけでなくその人柄の良さにも憧れるものがありました。もちろん、同じ時期を過ごさせて頂いた議員の皆様にも感謝しております。考え方は異なる方々がいらっしゃる中で、時には生意気にも文句を言わせて頂きましたが、政党関係なくお世話になりました。
 今後は、自分自身の足らない力をどんどん上げていきます。これから必要となってくる力は、政治力だけでなく、時代の変化に対応できる力だと思います。AIの導入やIotの進歩、キャッシュレス社会の登場などによる変化、教育・福祉に対する考え方や環境の変化などは私の想像以上に急速に進むと思います。正直、今の私ではまだまだ勉強不足で、たとえ議員であったとしても、ついていけない4年間を過ごすことになります。
 これまで続けてきた、「龍馬プロジェクト」「林英臣政経塾」「若手議員の会」は続けていきます。この8年間で、政党問わず数多くの国会議員、首長、地方議員の仲間が全国でできました。私が議員ではなかったら、出会っていなかった大切な仲間であり宝です。議員へと導いてくださった市民への感謝を忘れず、これからも学び続け、政治力ではなく、時代の変化に対応できる能力を身につけていきたいと考えています。
 地域での活動も積極的におこないます。大学や塾の仕事の場所は関東でした。守口市に帰ってきてから、すぐに立候補を決意したせいか、本音を言うと、まだまだ守口市民の方々と交流ができていません。自分が生まれ育った環境を誇りに思い、家の仕事をしながら、更なる交流を深めていきます。まだ詳細は決まっていませんが、自らの経験を活かしながら、市民の方々に政治により関心を持って頂くための行動も考えております。

■これまで行ってきた本会議での提案(個人質問・一般質問)

 2期目の4年間で質問や提案をしてきたことをまとめました。これらは全て自らが学び、色々な地域を視察し、必要だと思ったことを守口市に合うようなカタチで提案をしたものです。
 実現していない政策もたくさんありますが、私がどのような考えで政治に取り組んできたかを御理解頂けると幸いです。

☆ 教育に関すること
・ 全国学力・学習状況調査の結果分析・対策【結果通知後の定例会】
・ 教科書採択における議論を強化、公開【平成27年6月定例会】【平成27年9月定例会】
・ 主権者教育の取り組み強化【平成27年6月定例会】【平成27年12月定例会】【平成28年9月定例会】
・ 国歌の指導を徹底【平成27年6月定例会】
・ 守口市教育センターのfacebookページの更新【平成27年6月定例会】
・ 教育大綱の策定、総合教育会議の充実、周知【平成27年9月定例会】【平成29年6月定例会】
・ 多様性を育成する平和学習、平和教育(自虐史観以外の教育の必要性)【平成27年12月定例会】
・ 道徳の教科化にともなう研修制度などの充実【平成27年12月定例会】
・ 守口市独自の学力・学習状況調査の実施【平成27年12月定例会】
・ 地方創生と教育(郷土愛を深める教育など)【平成28年2月定例会】
・ 家庭学習冊子の有効活用・評価【平成28年2月定例会】【平成29年12月定例会】
・ コンビニの有害図書類のカバーの実施【平成28年6月定例会】
・ さつき学園以外の義務教育学校設置【平成28年9月定例会】
・ 民族学級に特化しないインターナショナルクラスの設置【平成28年12月定例会】
・ 国際人となるために必要な日本文化を学ぶ教育【平成28年12月定例会】
・ 学力向上の目標設定【平成29年2月定例会】
・ 思考力、判断力、表現力の重要性【平成29年6月定例会】
・ 教育勅語の理解【平成29年6月定例会】
・ もりぐち児童クラブ入会児童室の民間委託による充実【平成29年9月定例会】
・ 英語教育よりも国語教育を重視【平成29年12月定例会】
・ 学校質問紙調査の分析・公開【平成29年12月定例会】
・ ICT教育の不必要性・改善【平成29年12月定例会】
・ 土曜日学習授業の分析【平成29年12月定例会】【平成30年2月定例会】
・ 特色をもった教育の重要性【平成30年2月定例会】

☆ AI技術やIotに関すること
・ ロボットの導入【平成27年6月定例会】
・ 守口市アプリの作成(スマート時計との連動)【平成27年6月定例会】
・ 守口市内におけるwi-fi環境の整備【平成27年9月定例会】
・ AIの導入(人件費抑制、バスの自動運転など)【平成29年9月定例会】【平成30年2月定例会】
・ (防災にも役立つ)ワイヤレス充電(スマートフォンなど)設備を設置【平成29年9月定例会】
・ AI、ITプロジェクトチームの設置【平成30年2月定例会】

☆ 財政に関すること
・ 歳出を減らし歳入をふやす公共施設の運営方法(広告収入・ネーミングライツなど)【平成28年9月定例会】
・ 歳入における市債の構成比削減に向けた考え方【平成29年2月定例会】
・ 臨時財政対策債の抑制【平成29年2月定例会】
・ 人口動態から見る歳入増の考え方【平成29年2月定例会】
・ 土地売り払い収入(公共施設のあり方やその土地の使い道の考え方)【平成29年2月定例会】
・ 扶助費の抑制(生活保護費・健康管理など)【平成29年2月定例会】【平成30年2月定例会】
・ デフレ状態の消費税増税の不必要性・経済成長の考え方【平成30年2月定例会】
・ 改革ビジョン(案)の収支見通しの修正【平成30年2月定例会】
・ 公債費の抑制【平成30年2月定例会】
・ 経常収支比率の目標設置【平成30年9月定例会】
☆ 防災、安心・安全に関すること
・ 守口市国民保護計画の改訂・学校の防災マニュアル改訂【平成28年6月定例会】【平成29年6月定例会】
・ 安定ヨウ素剤などを備蓄【平成28年6月定例会】
・ 旧さつき学園跡地を利用した避難所設置【平成29年9月定例会】
・ 庁舎内での避難訓練の充実【平成29年9月定例会】
・ 障害者に対する避難訓練の実施・防災マップの作成【平成29年9月定例会】【平成30年2月定例会】

☆ 家族・家庭に関すること
・ 待機児童ゼロの考えから出てくる保護者のモラル低下の対策【平成28年6月定例会】
・ 家で子どもを育てたいという方への支援制度導入【平成28年6月定例会】
・ 「まいど子でもカード」の普及【平成28年6月定例会】
・ 出生数から見る人口増(子供を産み育てたいまちづくり)【平成30年2月定例会】
・ 幼児教育・保育の無償化による保護者のモラル低下の対策、ケア【平成30年2月定例会】

☆ 福祉に関すること
・ 地域包括ケアシステムを進化させた地域共生社会の実現【平成29年9月定例会】

☆ 生活保護施策に関すること
・ 自立支援プログラム強化や、貧困の連鎖に対する対策【平成27年6月定例会】
・ 不正受給対策プロジェクトチームの設置【平成27年6月定例会】
・ パチンコで生活保護費を費やす方への対策(ケースワーカーの増員)【平成28年2月定例会】
・ レセプト点検の強化、後発医薬品の促進【平成28年2月定例会】【平成30年2月定例会】
・ 新たな不正受給(仮想通貨を使ったもの)に対する対策【平成30年2月定例会】

☆ その他
・ 市役所職員に対する政党機関誌の配布等の禁止【平成27年6月定例会】
・ 機械式地下駐輪場の設置【平成27年9月定例会】
・ ガバメントクラウドファンディングの活用【平成28年2月定例会】
・ 職員のスキルアップ、研修制度の充実【平成28年2月定例会】
・ 職員の政策提案能力の向上【平成28年12月定例会】
・ 守口市PR動画の作成【平成28年12月定例会】
・ まちを活性化させるための民間活用【平成29年9月定例会】
・ 車座会議の充実【平成30年2月定例会】